ブロガー必見!無料商品紹介プラグインRinker(リンカー) 使い方&おすすめ設定まとめ!【2018年6月版】

WordPress

この記事では無料WordPress用商品紹介プラグイン「Rinker(リンカー)」の初心者向け詳しい使い方とおすすめ設定方法をご紹介しています。


こんにちは。さいとう(@S41T0H)です。

今回は主婦向けの育児とお金にまつわる情報発信ブログ「おやこそだて」を運営している主婦プログラマーやよいさん(@oyayoi19)が開発されためちゃくちゃ多機能なWordPress向け商品リンク管理プラグイン「Rinker(リンカー)」が諸事情あり無償公開となったので、応援の気持ちを込めて「Rinker(リンカー)」の初心者向け詳しい使い方とおすすめ設定方法をご紹介したいと思います。

お知らせ Rinker公式ページでこの記事を紹介していただきました! ありがとうございます!

スポンサーリンク

商品リンク管理プラグイン「Rinker(リンカー)」の魅力。

Rinker(リンカー)はやよいさん(Twitter)開発のWordPress向け無料プラグインです。

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの商品リンク生成に対応しており、作成したリンクをショートコードで管理できることが最大の特徴です。スゴい。

ここでは簡潔に、僕が思うRinkerの魅力を列挙しますね。

Rinkerはここがスゴい!

  • 編集画面から直接リンク生成可能。
  • ショートコードなので使い回し&一括変更もカンタン。
  • 価格表示にも対応。
  • その商品を紹介している記事が一瞬でわかる。
  • Google Analyticsのトラッキングに対応している。

ね、スゴいでしょう? とにかく至れり尽くせりなんですね。

特に価格表示ができると購入を目的としたクリックが増えそうですよね(価格確認のためのクリックの減少もありえそうですが)。

個人的には開発者のやよいさんのTwitterでの丁寧な印象も相まってより一層応援したくなってしまうわけです(フォロー必須です!)。

「Rinker」プラグインの使い方。

Rinkerは、アフィリエイト商品リンクが簡単に埋め込めて自由に管理できるWordPress用プラグインです。

利用には、下記のASPへの登録が必要です(「もしもアフィリエイト」の利用も可能)。

  • AmazonアソシエイトID(必須)
  • 楽天アフィリエイトID(楽天市場のアフィリンク生成に必要)
  • バリューコマースアカウント(Yahoo!ショッピングのアフィリンク生成に必要、こちらから無料登録できます)

(1) インストールしてみよう。

RinkerはWordPress内のプラグイン検索機能からはインストールできません。

「商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト」のページをよく読んで、ページ下部「Rinkerベーシック」のBOOTHページに飛び、「無料ダウンロード」ボタンでzip形式のファイルをダウンロードしてきましょう。

ダウンロードが出来たらWordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進み、ページ上部の「プラグインのアップロード」ボタンから先程ダウンロードした「yyl-rinker-*.*.*.zip(バージョンによって異なります)」ファイルを選択し、「今すぐインストール」しましょう。

下の画像のように「プラグインのインストールが完了しました。」と出たらOKです。

忘れずに「プラグインの有効化」をクリックしましょう。

ここで有効化し忘れても、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」からいつでも有効化できます。

(2) Rinkerの初期設定をしよう。

インストールが無事済んだら、次は初期設定です。

「設定」→「Rinker設定」から、Rinker設定画面を開きましょう。

すると下記画面が表示されます。

RinkerにAmazonを設定する

Rinkerの商品検索機能はAmazonのAPIを利用して実装されています。そのため、Rinkerの使用にはAmazonアソシエイトの登録が必須です。

AmazonのAPI認証キーを取得するには「Amazon Product Advertising APIの認証キー取得方法」ページを参照しましょう。

トラッキングIDはAmazonアソシエイト内の「トラッキングIDの管理」ページから調べられます(サイトごとに別のトラッキングIDの利用をオススメします)。

リンク先は「リンク先を検索画面にする」と「リンク先を商品の詳細画面にする」に切り替えが可能ですが、「商品詳細」へのリンクのほうがユーザーの利便性が向上するのでそちらをオススメします。

Amazon商品リンクを「商品詳細ページ」へのリンクにすると、在庫切れになったり商品ページが変わった際にリンク切れになってしまったりするリスクがあります。
商品個別URLの変更は後からRinkerの管理画面で可能ですが、商品数が多く補修が面倒な方は「リンク先を検索画面にする」をオススメします。

Rinkerに楽天市場を設定する

楽天市場のアフィリエイトIDはユーザーごとに一括で管理されているので別途サイトごとの登録などは必要ありません。

既に楽天市場のアフィリエイトアカウントが作成済みなら「楽天アフィリエイトIDの確認」ページでIDをコピペしてきてください。

RinkerにYahoo!ショッピングを設定する

最近シェア拡大中のYahoo!ショッピング(Yahoo!ショッピングアフィリエイトの是非は「yahooショッピング アフィリエイト」とかで検索して判断してみてください)。Tポイントに対応しているのが利用者にとってのメリットでしょうか。

Rinkerでもモチロン対応しております。

バリューコマースの「ヤフーショッピングプロモーション」(自動提携です)と提携が完了したらバリューコマース内の「広告管理 / ツール」→「LinkSwitch」→「LinkSwitch設定」からLinkSwitch用コードを取得し、Rinker内の「LinkSwitch」欄に貼り付けます。

Rinkerの「もしもアフィリエイト設定」

もしもアフィリエイトを使うメリットは、Amazonのアマギフ受け取りや楽天の楽天ポイント受け取りがイヤな場合に現金支払いを選択できる点でしょうか。僕は今のところ使っていません。

料率にはさほど差はなさそうです。こちらはお好みで。

最低限登録すべきASP
  • A8.net …通称エーハチ。最大手ASP。セルフバック充実!
  • afb…通称アフィB。サポートが手厚い!使いやすいUI
  • バリューコマース…通称バリュコマ。Yahoo!ショッピングアフィリエイトに必須!
  • アクセストレード…通称アクトレ。高単価案件多め。振込手数料無料!
  • もしもアフィリエイト…通称もしも。Amazon&楽天との提携に便利!W報酬制度あり

Analyticsトラッキング設定

「商品リンクのクリックをトラッキング」を設定すると、Google Analytics設定されている場合に「サイト内のどのページの、どの商品リンクが、いつ、何回クリックされたか」という情報を調べることができます(実際の使い方は後述)。

これはオンにしておくことを強くオススメします。

どの記事がクリックされやすいのかのチェックやリライト基準として活用できそうです。

Rinker初期設定完了!

それぞれのリンク設定が完了したら、忘れずに「変更を保存」しましょう。

(3) 実際に商品紹介リンクを埋め込んでみよう。

Rinkerをインストールすると投稿編集画面のエディター上部に「商品リンク追加」ボタンが表示されるようになります。

※別プラグインAmazonJSの「a」ボタンも右隣に表示されていますが気にしないでくださいね。

新しくリンクを追加したい場合はそのまま「Amazonから商品検索」タブ内の検索窓に商品名を入力しEnterします。

※酒類の商品購入ページへのリンクを貼ったページにGoogle AdSenseを貼ると規約違反となるので注意しましょう。

すると、記事内にといった形式のショートコードが挿入されます。

ビジュアルエディターでは実際の表示は確認できないので、プレビューで確認してみましょう。

グ、グレイト!!!!!!!!!!

(※リンクの右側についているアイコンはCocoonの設定によるものです)

前に一度貼った商品リンクを使い回す場合は「登録済み商品リンクから検索」しましょう。

同じ商品を貼る場合はショートコードも共有すると、更新しやすくて便利になります。

(4) 商品リンクを管理しよう。

他の商品紹介リンク生成サービスにはなかなかなかったのがこの管理機能。

複数の記事で同じ商品を紹介したい場合や、商品リンクを張り替えたい場合などに管理画面から一発で管理できてしまうのはまさに革命です。

WordPress管理画面メニューの「商品リンク」から商品リンク管理画面が開きます。

カスタム投稿タイプで管理しているっぽいですね。マジでスゲぇ!

商品名をクリックすると商品の編集が可能です。

このように、それぞれのURLや文字などを個別に細かく指定可能。

これはありがたい機能です。

また、最上部の「商品情報を取得」ボタンを押せば、もし価格やAmazonの商品ページが変更になってもすぐに最新の情報を取得できます。

まさに「かゆいところに手が届く」仕様となっておるわけです。

(5) AnalyticsでRinkerの商品リンクをトラッキングしよう

Rinker設定画面で「商品リンクのクリックをトラッキング」にチェックを入れると、Analytics内の「イベント」として、クリックが記録されるようになります。

これが欲しかった……!

具体的には、「イベントカテゴリ」→「Rinker」、「イベントアクション」→「Click」、「イベントラベル」→「商品名」が記録されます。

AnalyticsでRinkerのどのリンクが踏まれたか見る方法。

Rinkerのトラッキングレポートは、Analytics内の「行動」→「イベント」→「概要」でチェックすることができます。

商品ごとのクリック数を見たい場合は「上位のイベント」内の「イベントラベル」をクリックすると商品名とその推移などを見ることができます。

また、同じ「行動」→「イベント」内の「ページ」から、サイト内のどのページからクリックされたかも見ることができます。

商品リンクのクリック率が手軽に計測できそうですね。

「Rinker」のよくある質問。

Rinkerでリンクボタンの文言を変更することは可能?

リスくん
リスくん

リンクの文言を「Amazonで探す」などに変更することはできる?

A. ショートコードに属性を直接書き加えることで対応できます。

Rinkerで使用できるショートコード属性については「Rinker(リンカー)ショートコード属性」のページで確認できます。

たとえば、ショートコードをのように変更すれば、それぞれの文言に「~で探す」をつけることができます。

参考:リンク文言パターン集

  • ~で探す
  • ~で調べる
  • ~で見る
  • ~でチェック
  • ~で詳細を見る

など。

ボタン文言は動詞にするとクリックされやすくなるという話もありますね。

いろいろ工夫してみるのもいいかもしれません。

Rinkerで商品検索時にRequestThrottledエラーが出る

リスくん
リスくん

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」ってエラーが出てきた! 怖い!

A. AmazonのAPIの仕様です。

AmazonのAPIは結構厳しいので、少しでも連続して使用するとすぐにエラーを返してきます。これが地味にストレスになったりします。

落ち着いて一呼吸置いてから、もう一度試してみましょう。

何度か試してもダメなら、それはAmazonのご機嫌が悪いのかも。コーヒーでも淹れて休みましょう。

おわりに。「Rinker」を気に入ったら支援しよう!

プラグインの開発には多大なアイデアや知識、労力を要します。

ましてやこの多機能なプラグインが無料で公開されているなんて、もはや天恵です。

実はこのプラグインの開発時に各所と色々あり、今回の完全無料公開までは紆余曲折がありました。

もしこの「Rinker」プラグインが役に立ったと思ったら、制作者のやよいさんを応援しましょう。

応援方法① 制作者のTwitterをフォローする

難易度:★★★★★

まずはTwitterのフォローから。やよいさんのTwitterアカウントは@oyayoi19です。

Rinkerプラグインの更新情報の他にも、ブログ運営に便利な情報も配信されているので今すぐフォローしましょう

応援方法② Rinkerプラグインを広める

難易度:★★★★

Rinkerプラグインがより多くの人に認知されれば、さらに支援の輪が広がります。

あとは、こんな便利なプラグインの存在を隠すのも罪です。今すぐTwitterで「#Rinkerは最高」とツイートしましょう。

この記事の下部にあるSNSシェアボタンから広めるのもアリですね。

また、無料公開されている「Rinkerクレジット削除プラグイン」を使用しないでRinkerを使用することも、Rinkerの宣伝になるでしょう。

応援方法③ ブログ内で宣伝する

難易度:★★★★★

これも今すぐできそうですね。

もしもあなたがCSSが得意ならばRinkerカスタマイズなどのネタもいいかもしれませんね。

応援方法④ pixiv fanboxで支援する

難易度:★★★★★

経済的に支援したい方はpixiv fanboxで支援しましょう。

月額199円、月額399円(リンク掲載)、月額10,000円(バナー掲載)のコースがあります。

(※クラファンサービス「polca(ポルカ)」での支援は終了しました。)

やよい|pixivFANBOX
Wordpressの商品管理プラグインRinkerを開発しています。

応援方法⑤ スポンサーになる

難易度:★★★★★

月額20,000円以上の支援でスポンサーになることができるようです。

育児ブログ「おやこそだて」内の全ページにバナーを貼ってもらえるようになります。

純粋に支援されたい方はもちろん、ターゲット層が被っているブログを運営されている方などもいいかもしれませんね。

現在の公式スポンサーはクロネさんのみのようです。お早めに。→ 詳細

二大商品紹介プラグインRinkerとWPアソシエイトポストR2を徹底比較してみた。
この記事では、無料で使えるWordPress用商品紹介プラグイン「Rinker(リンカー)」と「WPアソシエイトポストR2(WPAP)」を徹底比較しています。 無料テーマCocoonであればプラグインなしで実装できます。 こんにちは...
【保存版】クリック率を上げる!アフィリエイトリンクのボタン化デザイン6選。
この記事ではアフィリエイトリンクを「思わず押したくなるボタン風」にデザインするCSSを紹介しています。 こんにちは。さいとう(@S41T0H)です。 A8.net やafb、アクセストレード、バリューコマースといったASPによるアフ...
[PR]最新SEO対策済み!WordPressテーマ「Diver」
収益化を加速する!Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。 一回テーマを購入すれば、複数のサイトでの利用が可能なのも魅力的。 ブロガー・アフィリエイターの次のステップに最適です。 【WordPressテーマ「Diver」公式サイト】
WordPress
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
リスブロ

コメント