【Cocoon】特定の固定ページのみ投稿日・更新日表示を消す方法

Cocoonカスタマイズ

こんにちは。

「お問い合わせ」や「プロフィール」、「プライバシーポリシー」ページなどで投稿日・更新日の表示を消したいことがあるかと思います。

その場合、追加CSSで対応することが可能です。

スポンサーリンク

全固定ページの投稿日・更新日を消す方法

まずはすべての固定ページで投稿日・更新日や著者情報を消す方法です。

こちらは公式フォーラムでわいひらさんが書かれていたものの引用となります。

子テーマのstyle.cssに貼り付けてご利用ください。

/*投稿日・更新日を消す場合*/
.page .date-tags {
    display: none;
}

/*著者情報を消す場合*/
.page .author-info {
    display: none;
}

/*まとめて消す場合*/
.page .date-tags,
.page .author-info {
    display: none;
} 

/*投稿日のみを消す場合*/
 .page .post-date {
    display: none;
}

特定の固定ページのみ投稿日・更新日表示を消す方法

次に、特定の固定ページの投稿日・更新日表示を消す方法をご紹介します。

こちらも子テーマのstyle.cssに貼り付けてください。

/*特定ページの投稿日・更新日を消す場合*/
.page-id-○○ .date-tags {
    display: none;
}

/*特定ページの著者情報を消す場合*/
.page-id-○○ .author-info {
    display: none;
}

/*特定ページの投稿日・更新日と著者情報をまとめて消す場合*/
.page-id-○○ .date-tags,
.page-id-○○ .author-info {
    display: none;
} 

/*特定ページの投稿日のみを消す場合*/
 .page-id-○○ .post-date {
    display: none;
}

.page-id-○○の「○○」の部分には「変更したい固定ページのページID」の数字を入れてください。

ちなみにページIDを調べるには「固定ページ」→「固定ページ一覧」から、当該固定ページの「編集」リンクのURL内の「post=○○」の数字を見てください。

例:「https://example.com/wp/wp-admin/post.php?post=777&action=edit」なら、「.page-id-777」とします。

では。

【支援お待ちしております!】

当サイトが役に立ったと思ったら投げ銭サービスpolcaで支援していただけたら幸いです!(300円単位での投げ銭が可能です)

継続的な更新・サポートのためにご支援お願いいたします……!

▶支援先:サイトに掲載するCSSカスタマイズの支援をお待ちしています!

サイトに掲載するCSSカスタマイズの支援をお待ちしています! - polca(ポルカ)
"今後の記事執筆の励みになります!"を支援のおかえしとして受け取ることができます。

その他のカスタマイズは下記ボタンから。

コメント

  1. 検索の仕方が悪かったのだと思いますが、フォーラムでたどり着けなかったので
    こちらに書いてくださって助かりました。ありがとうございました。